BIOGRAPHY

東京60WATTS
大川毅Vo&Gt杉浦琢雄Pf &Vo  森利昭Dr

’99年、立教大学のサークルにて結成。
’03年8月 インディーズ盤 ミニアルバム「すべてのバカモノへ」を発売。
’04年1月 シングル「外は寒いから / ふわふわ」で東芝EMIからデビュー。
FM802のヘビーローテーション、T-FMのセレクション等に選出される。
’04年3月に1st ALBUM「WATTS!GOING ON」をリリース。
FM802主催の大阪バナナホールで行われたショーケースワンマンライブは、300名の当選枠に対し10倍もの応募が殺到。
同年6月には、初のワンマンライブを東京shibuya-AX・大阪BIG CATで行う。
’05年9月には細野晴巨、小坂 忠ら日本を代表するミュージシャンを生んだ地、狭山市で行われた、「ハイドパークフェスティバル」にVo.大川とPf.杉浦が新人としては異例の大抜擢で参加。
’05年自主レーベル「HIKARIMON RECORDS」を設立。
’07年1月、満を持して2ndフルアルバム「東京」を約3年ぶりに発表し、発売記念ワンマンライブを東京 代官山UNIT・大阪 梅田シャングリラで開催。大阪公演はSOLD OUT!追加公演を神戸にて行う。
同年9月には4thミニアルバム「夏は終わりぬ」を発表。
11月には発売記念ワンマンライブを東京 代官山UNIT、大阪 心斎橋club QUATTROにて開催。満員御礼。
’08年5月21日には、インディーズ時代からの古なじみである常田真太郎(スキマスイッチ)プロデュースにより、待望の2ndシングル「たまにはこんなラブ・ソング」を、6月25日には3rd ALBUM「60」を発表。
また、翌月の7月には東京 代官山UNIT、大阪 心斎橋club QUATTROにてワンマンライブを行う。
’08年11月19日初のライブアルバム『WATTS! LIVE!!』(DVD付き)発売。
’09年に結成10周年を迎え、’10年1月27日に1年に渡る制作期間を経て、待望の4thアルバム「nowhere」を発表。
’10年3月には初のベストアルバム『TOKYO60WATTS』を発売。
’10年9月、活動休止を発表。

’15年5月13日に5年ぶりのオリジナルフルアルバム「サヨナラトーキョー」をリリースを皮切りに、大川たけし(Vo/Gt)、杉浦琢雄(Pf/Vo)、森利昭(Dr)の3人で活動再開。

コメントは受け付けていません。